保険加入のピンチ 1


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 ☆500万円はあたりまえ! 年金でラクラク保険の節約術☆

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

==============================
 ~強制加入・給料天引、止めるに止められぬ公的年金
    ならば正しく理解して生命保険をリストラしましょう~
==============================
第54号:なぜ保険に入るのか? ~保険加入のピンチ 1~
2006/3/8発行
購読者総数:383名様
マガジン関連URL http://www.1166.jp/
==============================
前回は、「こんなケースも・・・」と題してNHK「くらしと経
済」で取り上げられていた、あるご夫婦の保険加入のケースから、
何度か「保険加入のピンチ」があることをご紹介しました。

バックナンバーダイジェスト版は左記リンクよりご覧下さい。

今回からは、何度かあるその「保険加入のピンチ」について考えて
ゆきたいと思います。
==============================

------------------------------
□なぜ保険に入るのか?
------------------------------
○「保険加入のピンチ」 1
------------------------------
前回述べたように、人生には何度か保険に加入する「タイミング」
というか、「時期」のようなものがあります。

この場合の例として、私はよく車に例えてお話をさせていただきま
す。

あなたは車が欲しい。でもあなたはまだ中学生。
であれば、そのタイミングであなたに車を売りつけるセールスマン
はまずいませんよね。お金も無いし、仮に買えても運転できません
から。

では、社会人になり、そこそこ貯蓄もあり経済的にも余裕が出来、
「家族を乗せて」なんていう要望だったらどうでしょう? 

国産のミドルクラスから輸入車のセールスまでが来るかもしれませ
ん。でも、日野自動車のセールスがトラックを売りに来ても、決し
て買いはしませよね。特殊な趣味の方以外は。(hi)

ところが、こと保険に関しては、「社会人の責任」等という一般論
的な「タイミング」と、「皆さんこれくらいは」という過大な「マ
ッチング」を平気でされてしまうことがあまりに多い気がします。
------------------------------
・初めて入る保険
------------------------------
実は、このテーマでマガジンをまとまるため、自分自身の保険加入
のことを思い返して見たのですが、正直はっきり思い出すことがで
きませんでした。

と言うのも、よくよく考えてみると、自分自身で思っていたよりも
だいぶ以前から、保険のご厄介になっているかもしれないことに気
が付いたのです。

最近あることから、我が家で一番エライ方が「決まった通学路で怪
我すると保険が出るんだヨ。だから道路工事中だからって、勝手に
登校班の通学経路を変えられないみたい。変えるときには教頭先生
の許可が要るんだって。」と言っていたことを思い出したのです。
------------------------------
・こどもが入る保険
------------------------------
学校や参加している団体等を通じて、強制的(自動的)に加入する
ことになる保険(大抵傷害保険)は別にして、親が子供のために加
入する代表的な保険に「学資保険」があります。

現在の子供の学資って、かなりの高額になります。一家の大黒柱に
万が一のことがあると、その手当ては難しくなってしまいます。

明確に言葉に表われはしないまでも、この保険に入らないと「子供
のためを考えていない、教育資金なんていらない!」みたいな非難
を受けそうな気がしちゃいませんでしょうか?

ここが一つのピンチ!
------------------------------
「お子様ランチ」って、子供のころには楽しみでしたよね。

スパゲティにハンバーグ・ウインナー・目玉焼き・フライドポテト
・旗の立った富士山型のチキンライスetc.etc.

でも、大人になって食べるとなると、どれもチョコッとずつで、と
ても満足できる分量ではありません。

「子供も親も、万が一困ったときも、困らなかったときも」という
オールマイティー保障が必要なのか? 

そもそも学資が必要なのか? 親に万が一の時に備えるのか?

保障の内容と保険料を考えてみると、加入の目的によってはマッチ
ングしていない場合も考えられる保険の一つです。
------------------------------
■相互紹介のお誘いをいただきましたマガジン、「あなたはどっち
 派???【2択アンケート】」様のご紹介をさせていただきます。

=====PR============
 読者参加型の気軽で楽しい無料メルマガです。
 見てみる価値はあるかもしれません。!(^-^)!
 日常でふと気になる出来事を何でも2択で毎日アンケート。

 普段あなたが当たり前だと思っていること。 Σ( ̄□ ̄;)え?
 それは...実は少数派なのかもしれない。
 http://www.mag2.com/m/0000155434.html
===============PR=====

■何気ない、時にはかなりクダラナイ(失礼!)2択だったりしま
 すけれど、コレが結構面白いのです。HP版は絵入りの分より一
 層面白いですよ。
------------------------------
■耐震偽造の問題は、別の設計士も出てきましたね、いったいどこ
 まで広がるのやら。おまけに、新聞によると計算方法によっては、
 同じ物件でも安全基準を下回ったり、クリアしたりするとか? 
 素人は何を信じたらよいのでしょうか?
■保険の見直しの2大ポイントは、社会保険との重複保障と住宅
 ローンと組になっている団体信用保険の存在です。
 耐震偽造の問題でマンションを追われた皆様は、実態のない住宅
 のローンを抱えてくのですから大変です。
 ご相談いただければ、保険の見直しで少しでも経済的な余裕を見
 出していただくことが出来るのですが、裏づけとなる住宅が実在
 しないのは辛いところですね。
 大変な皆様へ「見直しませんか?」なんて売り込むのは、「火事
 場泥棒」とまでは言わないまでも、あまり様子の良いものでもあ
 りませんし。 お役には立つとは思うんだけどナァ・・・。
------------------------------
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎無料レポート         http://www.1166.jp/repo/f.htm
==============================
  「退職金のここが危ない!
       ~中小企業が知っておきたい5つの問題点~」
==============================
  「とっても簡単・一番確実 これでラクラク住宅ローン」
メルマガのポイントのつまった、メルマガ購読者様限定のレポート
です。
==============================
是非ご覧下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
------------------------------
■相互広告をお願い出来るマガジンを募集しています。
 発行部数僅かに380程度ですが、ご協力いただければ幸いです。
 ご連絡はこちらまでお願い申し上げます。
 mailto:imaizumi-jimusyo@1166.jp
------------------------------
■「☆500万円はあたりまえ!年金でラクラク保険の節約術☆」
 では、より良いマガジンに進化するため、皆様のお力をいただき
 たいと願っています。
 「あれが良かった」・「○○って何のこと」・「ここの部分をも
 う少し詳しく」などの、ご感想・ご意見・ご質問・ご希望をお待
 ちしています。
 mailto:imaizumi-jimusyo@1166.jp
■「☆500万円はあたりまえ!年金でラクラク保険の節約術☆」
の登録/解除は下記よりお願いをいたします。
 http://www.1166.jp/mm/mm.html
■このマガジンは、保険に対する「一つのものの見方」をご紹介す
 るものです。 全ての方に当てはまるとは、お約束出来ません。
 保険の見直しは充分ご検討の上、自己責任にて行ってください。
■保険の見直しをしてみようと思うが、どこから手を付けて良いか
 判らない。 私の場合の見直しポイントは何処なのか?etc.etc.
 そんな方のために下記ページに見直しのステップをまとめて見ま
 したので、参考にしていただければ幸いです。
 http://www.1166.jp/hoken/sem7.htm
==============================
☆発行者:社会保険労務士 今泉善雄
☆事務所HP:http://www.1166.jp/

【禁:無断転載・無断複写  転載・複写の際はご相談下さい。】
==============================
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今泉事務所

Author:今泉事務所

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク