FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労基署業務を民間委託

 3/7付け 日経新聞の記事にこんな見出しがありました。
小見出しは「立ち入り検査 規制改革会議が見当」とあります。

 労働基準監督署の人手不足解消の手段として業務の一部を民間委託≒社労士へ委託 との内容です。

 例として違法駐車取締りの「駐車監視員」が取り上げられていますが、果たして同列に出来るでしょうか?

 駐車違反の場合、取り締まり作業に入った際に運転手さんが居れば、たいてい「直ぐに移動して下さい」程度で済ませてしまうのでは?

 「駐車監視員」の業務基準を明確に理解しているわけでは有りませんが、委託されているとは言え現場でのトラブルを避けるためには、ある面致し方ない処理なのではないか? と言う気がします。

 しかし、長時間労働や未払い残業問題など労基法違反となれば、それはすでに違反が発生しているわけですから「今日からは注意してくださいね」で済ます訳には行かないでしょう。

 どの辺りで線引きするのか? 何処までの権限(強制力)を持たせるのか? 担当者の身分保障はどう担保するのか?

 問題は簡単ではないという気がします・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今泉事務所

Author:今泉事務所

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。