FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国民年金、長期未納なら」

「国民年金、長期未納なら」

昨日の日経新聞朝刊に「国民年金保険料 納付率目標ハードル低く」の記事がありました。
給料天引きの厚生年金・共済年金と違って国民年金は自主的に納付する方式ですから、年金に対する信頼が低いため、納付率がなかなか上がりません。

社会保険庁でも、納付率を上げる方策をいろいろと考えているようですが、今日付けの東京新聞に「国民年金、長期未納なら 「保険医」更新認めず」の記事が掲載されています。
社会保険業務に携わる者による未納は悪影響が大きいとして、
保険医療機関
保険薬局
指定訪問看護事業者
介護保険事業者
社会保険労務士
などの指定や更新を認めない、との改革法案を用意しているようです。

われわれ社会保険労務士は個人事業が圧倒的に多い(=国民年金)のですが、その他の事業は法人が多いのではないでしょうか?

法人であれば、本来厚生年金が適用されるのですが、まあ、法人といっても厚生年金の適用をせず国民年金で済ませている事業所も少なからずありますから、多少の納付率アップにはつながるでしょう。

極端な意見ですが、個人的には病院などはちゃんと社会保障制度の負担をしない場合、開業取り消しくらいしてもイイのではないかと思っています。

だって、その分野を飯の種にしているのですから。利益だけ得て負担をしないのはいかがなものかと思います。

小規模の医療機関などでは、労災指定を取りながら、自らの職員には労働保険(労災保険と雇用保険)を未加入のまま、平気でいる経営者も少なくないのです。

オーナードクターの中には「イヤなら辞めろ!気にくわない者はクビだ!」式のワンマン経営をしている方もいるようです。 大半のドクターはそんな方ではないのでしょうが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今泉事務所

Author:今泉事務所

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。