ピンチへの対処 3


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 ☆500万円はあたりまえ! 年金でラクラク保険の節約術☆

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

==============================
 ~強制加入・給料天引、止めるに止められぬ公的年金
    ならば正しく理解して生命保険をリストラしましょう~
==============================
第60号:なぜ保険に入るのか? ~ピンチへの対処 3~
 2006/7/19発行
購読者総数:405名様
マガジン関連URL http://www.1166.jp/
==============================
前回は「ピンチへの対処 2」として、新社会人になった際の保険
勧誘への対処をお話しました。

バックナンバーダイジェスト版は左記リンクよりご覧下さい。

今回は、結婚・子供の誕生時のピンチに対処する考え方をご紹介し
てみたいと思います。
==============================

------------------------------
□なぜ保険に入るのか?
------------------------------
○「ピンチへの対処」 3
------------------------------
------------------------------
・結婚・子供の誕生時のピンチ
------------------------------
前回、新社会人になった際のピンチに対処するには、「必要になっ
たら検討する」事だとご紹介しました。

しかし、結婚・子供の誕生となると、状況はガラっと変わってきま
す。

保険のおばちゃんも、あなたに保険が必要なタイミングであること
は百も承知です。ここまで何とかディフェンスしてきた脇の堅いあ
なたにも、「チャンス!」とばかりに攻め込んできます。
------------------------------
・結婚時点と子供の誕生時点の2段階で考える
------------------------------
でも、本当に結婚すると保険が必要になるのでしょうか?


現在の一般的なサラリーマン家庭であれば、結婚しても、最初は共
働きをされるのが普通ではないでしょうか? 
         (出来ちゃった婚は別でしょうけれど・・・)

そうであれば、不幸にしてあなたに万が一の事があっても、奥様は
経済的には自立出来るはずですから、保険の備えが絶対に必要とい
う事はないのではないでしょうか?
------------------------------
子供が誕生した時点では、事情が大きく異なってきます。

保険の解説本や保険サイト等でご覧になったことが有る方もいらっ
しゃるかも知れませんが、保険の補償が最も必要な時は「末子誕生
時点」だといわれています。

第1子誕生のタイミングで保険加入や見直しをして、その後子供が
増える度に見直して行くことが必要になるのです。
------------------------------
・保険だけでカバーする必要は無い
------------------------------
補償額の妥当性の問題は、非常に幅があるお話ですので、いずれか
の機会にしたいと思いますが、「保険だけでカバーする必要が有る
か?」という事に関しては、明らかに「NO」です。

ご自身の加入されている公的年金の仕組みを考えながら、保険でカ
バーする事が必要な補償額を考えて、過大に加入する事が無いよう
にディフェンスする事が重要です。
------------------------------
■我々社会保険労務士にとって、7月初旬は1年間で2番目に忙し
 い「算定基礎届」提出の時期です。
 例年バタバタとするのですが、今年から「電子申請」という方法
 で届け出ることが出来るようになりました。
 なったのは良いのですが、何せ初めての事であっちにツマヅキ、
 こっちにブツカリで始めは上手く行かずに苦労しました。
 また、ある事情から同業者のお手伝いをしたため、余計に忙しく、
 ついついマガジンの発行が滞ってしまいました。
■前号はオーストラリア戦直後だったのに、すでにW杯は終了。
 まもなく甲子園の季節です。
 梅雨明けももう直ぐ。暑い夏が待っているのでしょうね。
 暑さに負けずに発行して行けるよう頑張っていかなけりゃ。
 (ビールも少し控えなくては・・・)
------------------------------
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎無料レポート         http://www.1166.jp/repo/f.htm
==============================
  「退職金のここが危ない!
       ~中小企業が知っておきたい5つの問題点~」
==============================
  「とっても簡単・一番確実 これでラクラク住宅ローン」
メルマガのポイントのつまった、メルマガ購読者様限定のレポート
です。
==============================
是非ご覧下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
------------------------------
■相互広告をお願い出来るマガジンを募集しています。
 発行部数僅かに400程度ですが、ご協力いただければ幸いです。
 ご連絡はこちらまでお願い申し上げます。
 mailto:imaizumi-jimusyo@1166.jp
------------------------------
■「☆500万円はあたりまえ!年金でラクラク保険の節約術☆」
 では、より良いマガジンに進化するため、皆様のお力をいただき
 たいと願っています。
 「あれが良かった」・「○○って何のこと」・「ここの部分をも
 う少し詳しく」などの、ご感想・ご意見・ご質問・ご希望をお待
 ちしています。
 mailto:imaizumi-jimusyo@1166.jp
■「☆500万円はあたりまえ!年金でラクラク保険の節約術☆」
の登録/解除は下記よりお願いをいたします。
 http://www.1166.jp/mm/mm.html
■このマガジンは、保険に対する「一つのものの見方」をご紹介す
 るものです。 全ての方に当てはまるとは、お約束出来ません。
 保険の見直しは充分ご検討の上、自己責任にて行ってください。
■保険の見直しをしてみようと思うが、どこから手を付けて良いか
 判らない。 私の場合の見直しポイントは何処なのか?etc.etc.
 そんな方のために下記ページに見直しのステップをまとめて見ま
 したので、参考にしていただければ幸いです。
 http://www.1166.jp/hoken/sem7.htm
==============================
☆発行者:社会保険労務士 今泉善雄
☆事務所HP:http://www.1166.jp/

【禁:無断転載・無断複写  転載・複写の際はご相談下さい。】
==============================
スポンサーサイト

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今泉事務所

Author:今泉事務所

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク