FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンチへの対処 1

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 ☆500万円はあたりまえ! 年金でラクラク保険の節約術☆

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

==============================
 ~強制加入・給料天引、止めるに止められぬ公的年金
    ならば正しく理解して生命保険をリストラしましょう~
==============================
第58号:なぜ保険に入るのか? ~ピンチへの対処 1~
2006/5/31 発行
購読者総数:409名様
マガジン関連URL http://www.1166.jp/
==============================
やはり思い通りのスケジュールで発行することが出来ませでした。

我々社会保険労務士にとっては一番忙しい時期である上、今年は特
に、あれやこれやが重なって、内容を考える余裕がありませんでし
た。

たまに、「アッ!そうだ。コレだ!」なんてアイデアも浮かぶこと
が(極々まれですけれど)あるのですが、仕事に追われていつの間
にか「何かイイアイデアがあったはずなんだけど・・・」という記
憶だけが残っているという情け無い状況です。

基本的に文章をまとめる才能が乏しいのですから、ある意味仕方が
無いというか当然なのですけれどもね。
==============================
前回まで4回に分けて、「保険加入のピンチ」というテーマでお話
をしてきました。

バックナンバーダイジェスト版は左記リンクよりご覧下さい。

今回からは、「保険加入のピンチ」に際してどのようなスタンスで
臨んだら良いのか?について考えてみたいと思います。
==============================

------------------------------
□なぜ保険に入るのか?
------------------------------
○「ピンチへの対処」 1
------------------------------
「保険加入のピンチ」では、私自身の保険加入の経過をたどりながら、その時々の「ピンチ」についてお話を進めてきました。

しかし、子供が自ら進んで「こども保険」に加入したりはしません。
加入するのは大人(親)ですから、まず自分自身が保険料を支払っ
て加入するタイミングでのピンチに対処するお話を進めて行きまし
ょう。
------------------------------
・頼まれる
------------------------------
本来、保険の加入は自分が必要を感じた時に、自ら進んで加入すべ
きものだと思います。

しかし、実際には余り必要を感じていないときに「勧められ」て、
さらに言えば「頼まれ」て加入したケースも少なからずあるのでは
ないでしょうか?

皆さんの身近にいる保険会社勤務の方はハッキリ判ります。だって、その方から保険加入を勧められますから。
------------------------------
保険会社の方でも、外交員には「まず知り合いを勧誘しろ」と指導
します。まるで知らない人に営業掛けるより、はるかに確立が高い
ですからね。

知り合いの何人かを成約させていれば、充分元が取れるのです。

生き残った外交員はそれなりに優秀な方々ですから、そのまま残っ
ていただいて良い訳です。
------------------------------
以前聞いた中には「社長の奥さんが保険販売をしていて、社員は勧
められると断れない。」なんてひどい話もありました。

そこまででは無いにしても、皆さんの中でも、何らかのつながりの
ある方から「頼まれて保険に加入した」方が多いのではないでしょ
うか。
------------------------------
・頼まれたら「断る!」
------------------------------
では、この様なピンチにどうしたら良いのか?

答えは一つ。 「頼まれた保険は断る!」事です。

喫煙者の皆さん、タバコならば何でも良いって訳ではありませんで
しょう? 試供品で気に入れば別ですが、ただお勧めされただけで、
お気に入りの銘柄を変えたりしないのではありませんか?

女性の皆さん、お店で勧められたからといって、お気に入りの化粧
品やシャンプーなどは、そう簡単に変えはしませんでしょう?

数百円~数千円の物でも自ら選別して「買い物」をしているのが当
たり前の「あなた」が、どうして保険になると頼まれたり勧められ
るまま購入してしまうのでしょうか?

「頼まれた保険は断る!」

これが一番初めに、そして最も必要な心得ではないでしょうか。
------------------------------
■このところ「国民年金の無断免除申請」が大きな問題になってい
 ます。こういった問題が出ると「年金」に注目が集まります。
 逆に言えば、こういった問題が出ないと注目が集まらないことが
 問題なのだと思います。
 個人レベルでは「年金」は先のことだからと、考えるのをついつ
 い後回しにしてしまいがちです。
 そのため、改正などがあってもあまり関心が湧かず、いざ受給す
 る年齢になったら「こんなはずではなかった!」ということにな
 ってしまうのです。
 本当はこれから支える側に回る20代、場合によっては10代の
 方々にこそ重大問題であり、関心を持ってもらいたいのですが、
 現実的には難しいでしょうね・・・。
------------------------------
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎無料レポート         http://www.1166.jp/repo/f.htm
==============================
  「退職金のここが危ない!
       ~中小企業が知っておきたい5つの問題点~」
==============================
  「とっても簡単・一番確実 これでラクラク住宅ローン」
メルマガのポイントのつまった、メルマガ購読者様限定のレポート
です。
==============================
是非ご覧下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
------------------------------
■相互広告をお願い出来るマガジンを募集しています。
 発行部数僅かに400程度ですが、ご協力いただければ幸いです。
 ご連絡はこちらまでお願い申し上げます。
 mailto:imaizumi-jimusyo@1166.jp
------------------------------
■「☆500万円はあたりまえ!年金でラクラク保険の節約術☆」
 では、より良いマガジンに進化するため、皆様のお力をいただき
 たいと願っています。
 「あれが良かった」・「○○って何のこと」・「ここの部分をも
 う少し詳しく」などの、ご感想・ご意見・ご質問・ご希望をお待
 ちしています。
 mailto:imaizumi-jimusyo@1166.jp
■「☆500万円はあたりまえ!年金でラクラク保険の節約術☆」
の登録/解除は下記よりお願いをいたします。
 http://www.1166.jp/mm/mm.html
■このマガジンは、保険に対する「一つのものの見方」をご紹介す
 るものです。 全ての方に当てはまるとは、お約束出来ません。
 保険の見直しは充分ご検討の上、自己責任にて行ってください。
■保険の見直しをしてみようと思うが、どこから手を付けて良いか
 判らない。 私の場合の見直しポイントは何処なのか?etc.etc.
 そんな方のために下記ページに見直しのステップをまとめて見ま
 したので、参考にしていただければ幸いです。
 http://www.1166.jp/hoken/sem7.htm
==============================
☆発行者:社会保険労務士 今泉善雄
☆事務所HP:http://www.1166.jp/

【禁:無断転載・無断複写  転載・複写の際はご相談下さい。】
==============================
スポンサーサイト

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今泉事務所

Author:今泉事務所

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。