お上とケンカ

今日、厚生労働省内の社会保険審査会に再審査請求の手続きをしてきました。

行政の決定に対し不服がある場合、まず審査請求をします。
これで通れば何も問題は無いのですが、通常行政の決定がそう簡単に覆るわけがありません。
大抵の場合は最初の決定は変わらず、審査請求は棄却されることになります。
棄却が納得いかなければ、その次に再審査請求を行います。

行政の決定に不服があって、それをひっくり返そうってんですから、正直勝ち目は薄いというのも事実。

だからといって、なんとも納得行かないことなので、そのまま引っ込んではいられません。やるべきことはやろう、と再審査請求したわけです。

言って見れば、「お上にケンカを売る」様なモンです。

正副2本の再審査請求書を出したところ、担当官が受付印を押した後
「では、これで受理いたします。・・・・・」

エエッ? 副本返してくれないの?

「副本は返していただけるんですよね?」と訊ねて、初めて「ああ、はい、こちら」と返してくれました。

大丈夫でしょうか? 厚生労働省の担当官、お疲れだったのかしら?

スポンサーサイト

テーマ:今日のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今泉事務所

Author:今泉事務所

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク