夏休み、かぁ・・・

 事業所閉鎖の賃金データがやっと出て、昨日から社会保険の喪失・労働保険の確定申告・離職票の作成etc.etc.

 本日ようやっと職安へ離職票を持参し、職安の検認を受け事業主へ引き渡しを終えることが出来ました。
 この後は、社会保険の全喪・保険証の返送、労働保険料一般拠出金の納付書作成と、細々した作業は残りますが、まぁ山は越えたと言えるでしょう。

 通勤途中で或る小学校の近くを通ります。
何時はも子供たちで賑わっているのに、今日は何か勝手が違う・・・。
そう、夏休みに入ったのですね! 

 算定・年更の山も越えたことだし、オジサンも夏休みしたいモンです。 
今年はすでにチョッとバテ気味です。 小学生が羨ましい・・・。

スポンサーサイト

梅雨明け

 本日、関東地方の梅雨明けが発表されました。

 6月終盤から、労働保険の年度更新・社会保険の算定基礎届と、例年この時期はてんてこ舞いになりますが、通常はそろそろ始末が付くのですが・・・。

 今年はいまだに算定のデータを出してくれない事業主が1人。 
お付き合いを考え直さざるを得ないかもしれません。

 そして問題はもう一社。

 不幸にして事業所閉鎖に追い込まれたのですが、事前にご連絡を頂いていたため、年度更新は最終給料までを含め、確定数値で始末を付ける予定でいました。

続きを読む»

知って得する年金講座

 本日午前中、亀有駅隣の亀有リリオ館にて、葛飾区主催、葛飾年金事務所協力による「知って得する年金講座」が開催され、久しぶりに相談員として参加をして来ました。

 葛飾支部の会員の顔ぶれもかなり入れ替わり、支部暦は浅くても実力をお持ちの方も少なくない事から、一度卒業をしたつもりでした。

 が、今回学校教育(区内小学生に対する年金の出前授業)とバッティングしたため、急遽相談員に駆り出されのでした。

 久しぶりに他の講師のお話を伺い、個別相談をこなし、諸々感じることが有りました。 やはり実務の風に当たるのは大切な事だと実感出来た、貴重な時間でした。

 欲を言えば・・・ もう少し涼しい日だったら良かったのですが・・・・。

紙地図 苦戦

 6/7朝日新聞夕刊1面の記事のタイトルです。

 大した山行歴がある訳ではありませんが、大学でW.V.部に所属し、各地の地図を購入していた者としては、何とも寂しい記事です。 
 読図はあまり得意では有りませんでしたが、常に「マップ! マップ! マップ見ろ!」と言われていたため、山行時に地図が無いと何とも寂しい感じがします。

 「やめるわけには」との段落もあり、そうそう発行停止にはならないと思いますが。
(ならないで欲しい!)

 最近ではトンと新しい山域には行かず、東京近郊の主な山域は30数年前に購入した地図を使用しているのですから、全く貢献していない身な訳です。

 そんな状況で「寂しい」と言えた義理ではありませんが・・・。



労働監督 民間に委託

 東京新聞 5/9朝刊に掲載されていた記事のタイトルです。
サブタイトルに「一部業務 規制改革会議が提言」とありました。

 記事によると「厚労省は・・・委託に慎重な見解・・・業務範囲が限定的・・・提言受け入れ」との事で、方向性は出たようですね。

続きを読む»

プロフィール

今泉事務所

Author:今泉事務所

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク